19
Sep

こいのぼり

5月5日のこどもの日には、男の子のいる家庭では兜や武者人形を飾ったり、庭やベランダにはこいのぼりを掲げ、さらに男の子が生まれて初めて迎える節句の場合はちまきを食べ、2年目からは柏餅を食べて、子どもの健康と成長、そして将来は出世してほしいという願いを込めてお祝いをします。 ポールの先端には矢車、その下には5色の吹き流し、黒い真鯉、赤い緋鯉、青い子鯉という順番にこいのぼりが設置されますが、一戸建てで広い庭がある家以外は、すべてが揃った大きいこいのぼりを揚げることはなかなかできません。

Read more
7
Sep

興行のぼり

歌舞伎や大衆演劇を観に劇場に足を運んだり、相撲を観戦しに国技館などに行って、色鮮やかなのぼり旗が何十本も風にはためいている光景を目にすると、観劇や観戦をする前から気分が高揚します。 歌舞伎や相撲などが行われる場所で立てられるのぼりは「興行のぼり」と呼ばれており、ほとんどののぼりには役者名や力士名が中央部分に書かれ、下部にはスポンサーやタニマチの名前が書かれています。

Read more