19
Sep

こいのぼり

5月5日のこどもの日には、男の子のいる家庭では兜や武者人形を飾ったり、庭やベランダにはこいのぼりを掲げ、さらに男の子が生まれて初めて迎える節句の場合はちまきを食べ、2年目からは柏餅を食べて、子どもの健康と成長、そして将来は出世してほしいという願いを込めてお祝いをします。 ポールの先端には矢車、その下には5色の吹き流し、黒い真鯉、赤い緋鯉、青い子鯉という順番にこいのぼりが設置されますが、一戸建てで広い庭がある家以外は、すべてが揃った大きいこいのぼりを揚げることはなかなかできません。

Read more
27
Aug

神社のぼり

多くの神社には、鳥居や参道、境内にのぼりが立てられていますが、中には、色鮮やかな赤いのぼりが何十本も等間隔で参道の両側に立てられ、それが本殿まで続いている稲荷神社や、石段の両側に白い奉納のぼりが等間隔で立てられている大社があります。 神社でお祭りが開催されるときには、長さ8mから10mもの巨大なのぼりを何人もの男性が協力して立てたり、あるいは周辺に何十本もののぼりを立てて開催を知らせます。

Read more